<< 今年も半年経過 | main |
2018.10.01 Monday

歯の根の治療

0

    こんにちは。

     

    虫歯に気がつかない、もしくは放置しすぎて 結果 歯の根の治療となった場合。

    例えば こんな歯が虫歯で

         左写真:目で見えている歯       右写真:歯の根の中の神経の管を墨汁で染め出したもの。

     

     知って欲しいことは、神経の複雑な事。網の目状。

     歯の根の治療って、理想的には全てのこの細かい神経の管を清掃して無菌化する事。

     

     出来ますか?

     ・・・・無理だな・・・正直・・・。

     しかも、目に見えないレベルの細菌に感染している、この細かい管の中を1本1本キレイにするなんて

     ・・・無理だな・・・正直・・・。

     

     元々は、歯の根の中は無菌的なところ。だってエナメル質て硬いヨロイに囲まれているから。外界とは交通してないし。

     それが虫歯でヨロイが溶かされて、外界と交通路が出来、中で細菌感染を起こす。汚染です。

     

     もし、不幸にも歯の根の治療になってしまった場合、取り残しが起こります。だって100%の無菌化は不可能だから。

     

     太い根の中はまだ器具を入れて清掃できるけど、細い網目のところは器具なんて入らないし。

     

     だから、届かないところ 入らないところは薬液で消毒するしかない。

     

     でも、消毒液も全てに行き渡るなんてありえない・・・結果、汚染部位は残る。

     

     そこで、再び細菌が繁殖していく結果、何らかの不具合、痛みや腫れに繋がります。

     

     汚染部位の取り残しがあっても、バランスが保てたらいいんだけど。

     

     だから、痛くなる前に 根の治療なんかになる前に 早く気がついて 治療を受けなあかん。

      

     どないして早よ気がつくの?

     

     定期検診アンド 毎日のフロッシングが一番大切と思います。

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM