<< 夏休みのお知らせです。 | main | MFTというものを学んでます その2 >>
2016.08.30 Tuesday

米国式根管治療を学びに行ってきました。

0

    こんにちは。

    先週は金曜日の診療後から、東京へ。

     

    今回は「米国式根管治療」というものを学びに行ってきました。

     

    根管治療・・・歯の根っこの中の治療です。主に神経を抜いたり、感染を起こした根っこの治療を言います。

     

    これ、実はものすごく大切な処置なんです。

    例えば、皆さんがよく言う「サシ歯」というやつ。これは、根っこに差し込むので「サシ歯」

    というのですけど、根っこが良い状態でないとできません。

    (もちろん、虫歯が大き過ぎて手遅れの場合もありますけど。)

     

    歯は小さいもの。その歯の根っこの管の中はもっと小さい。

    そこを人間の肉眼で見て(正直、入り口しか見えません。)

    手探り状態。

    しかも、根っこは3次元的にあっちこっちに曲がっているんです。同じ形は一つもない!

     

    そんなややこしい環境を無菌的に限りなくしていきます・・・。

    唾液という感染源まみれの中で・・・

     

    ドブ川の中にスポット的に無菌的な場所って作れます?

     

    ・・・そんなこと、可能でしょうか?

     

    しかも、日本の保険治療での、根管治療はとにかく安い。

    安いということは、国際的なレベルの治療器具を揃えること(購入する)ができません。

    だって、1000万の根管治療のための器具を買っても、30分120円ではやっていけません。

    利益率が悪すぎです。

     

    だから、国際的に最適とされる器具を揃えることのできない、日本の根管治療レベルはかなり低いものと言われています。

     

    でも、根管治療をきっちりとしたレベルの治療をしないと患者さんの歯が助けれません。

    歯を残すための大切な治療です。

     

    そこで今回、東京へ。

    根管治療の世界では、有名で素晴らしいテクニックとハートの先生の元へ学びに行ってきました。

     

    この先生は、根管治療専門で開業されていて毎月世界各国の歯科大学や学会で、その手技、知識を

    広げられている先生です。

     

    もし、根っこが使いものにならないで、歯を抜いてインプラントになる場合は、40万〜60万かかったりしますからね。

     

    根管治療大切です!!

     

    今回、2日間みっちりとマイクロスコープを使ってレクチャーを受けてきました。

    修了書も頂きました。

    さあ、根管治療のレベルを上げて救える歯を増やし、患者さんの『口福』を増やしたいと思います。

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM